ENOVIA

製品データ管理と情報の有効活用を実現

製品開発期間の短縮、コストの削減、品質の向上、規格遵守の促進、製品イノベーションと市場即応力の最大化を図るSOAアーキテクチャ(サービス指向アーキテクチャ)。

製品ライフサイクルを通して蓄積される知識や情報とビジネス・プロセスを柔軟に統合し、チーム、部門、サイト間だけでなく、顧客、サプライヤー、その他のバリュー・チェーン・パートナーとの間に、セキュアなデータ管理を提供し、コラボレーションによるメリットを増大させます。

特徴

  • サプライ・チェーンにおけるコラボレーション設計によって、迅速な変更管理を実現
  • プロジェクト・データと製品データの管理を一つの環境に統合
  • マルチCADデータ管理。(CATIA、Inventer、AutoCAD、SolidWorks、SolidEdge等)
  • l3DLiveとの連携により、BOM構成の可視化と意思決定の促進を図る
  • 設計モデルから部品表の自動生成機能により、設計BOMの生成が容易
  • lビジネス・プロセスの各段階において、製品の環境コンプライアンス検証が可能

活用イメージ

コラボレーション設計

複数の設計者・関連部門間で、同一製品構成を協調して設計することができます。

プロジェクト管理

MS ProjectとENOVIAのシームレスなデータ連携によって、設計進捗状況に合わせた全プロジェクトの成果物を把握することができます。また、過去の問題点・リスクが明確になり、新プロジェクト計画の経営判断を容易にします。

マルチCAD

機械CAD、電気CADなど製造業で必要なCADを、ひとつのデータベースで管理できるため、同時並行で作業でき、効率をアップします。

BOM構成の可視化

3DLiveとの組み合わせで、BOM構成の可視化ができます。設計レビューが容易になり、チャットやスナップショットなどで他部署間で情報共有することができます。

BOM生成

“BOM作成機能”を使って、設計モデルからE-BOMを自動生成することができ、BOM設計の負荷が軽減されます。生成後は、Editerを利用して編集が可能です。

環境コンプライアンス

ENOVIA V6のE-BOM内に環境コンプライアンスに関するデータを登録しておくことで、設計時に環境負荷のチェックが可能となり、設計品質を向上させることができます

最新ソフトウェア リリース情報(2020年11月時点)

ProductReleaseLevel
3DEXPERIENCER2020xFD05(FP:2038)

メーカーホームページ

ダッソー・システムズ株式会社ホームページにリンクします。