SE/MBSE

システムズ・エンジニアリングの必要性

昨今のテクノロジーの進化は目覚ましく、これらのテクノロジーを組み合わせて構築する、これからのシステムは想像を絶するくらい複雑なシステムになることが予想されます。このような大規模で複雑なシステムを作り上げるためには「システムの実現を成功させることができる複数の専門分野にまたがるアプローチおよび手段(INCOSE)」であるシステムズ・エンジニアリング(SE)という考え方を取り入れる必要があります。

モデルベースの目的

複雑なシステムをモデルベースで記述する目的は、単なる見える化のためではありません。システムズ・エンジニアリングをモデルベースで記述することで、開発するシステムの目的・要求と作り上げるシステムの構造・振舞の整合性を検証することが出来ます。
モデルベースというとSysMLやUMLの要求図や構造図といった図表に目が行きがちですが、各種の図表はそれぞれがシステムの一面を切り取った単なる見え方であり、その裏の中心に隠れているメタモデルである情報構造体こそがモデルベースの神髄です。メタモデルである情報構造体を活用するためには、EXCELやパワーポイントなどのドキュメントベースでの記述では管理しきれません。コンピュータを使用したツールが必要になります。コンピュータでは、多種類で大量のデータの整合性を保ちながら各要素や属性の関連性をとるといった、人手では難しい作業をこなすことが出来ます。

モデルベース(MB)でシステムズ・エンジニアリング(SE)を行うことがMBSEです。Systems Engineeringの無いMBSEはあり得ません。

ディアイスクエアはモデルベースのツールとして、ダッソー・システムズ社のCameo System Modelerをお勧めしています。

サービスメニュー

要求管理・分析サービス

以下の流れで要求を分析していきますが、MBSEの「手法」には領域や目的によって様々なものがあります。MBSEの実務適用に当たっては、その様々な手法の中から、経験やノウハウに基づいて「最適な手法」を選択/構築する必要があります。
ディアイスクエアは、貴社の領域・目的をヒアリングしたうえで最適な手法を提案いたします。

  • 要求の全ライフサイクルに対して、適切な管理プロセスを定義し、定着の支援を行います。
  • システムに対する「要求」を明確化した上で、その実現手段として必要な構成や シナリオ/振舞/機能を、トレーサビリティを確保しながら段階的に明確化していきます。
  • システムに対する「要求」を明確化した上で、その実現手段として必要な「機能」を、ユースケースと振舞に基づいて段階的に明確化していきます。
  • ユースケースを元に「要求」を実現するために必要な「機能」とその「入出力」を特定し、システムの論理構成を定義します(アーキテクチャ分析)。
  • 複数の機能間での協調制御/機能連携のあるべき姿を見出すために、仮想的な「統合制御層」を置いて検討します(統合制御層分析)。
  • 貴社が活用している要求文書を改善し、標準化していきます。
  • 開発プロジェクトにおける「タスク」と「担当者/ステークホルダ」の関係を特定/可視化して共通理解を図ります(ステークホルダー分析)。

一致性検証サービス

要求を分析したのち、検証・妥当性確認内容と照らし合わせて、検証や妥当性確認の網羅性を確保します。

SE/MBSE教育サービス

SysML、Cameo System Modelerを用いて、システムズ・エンジニアリング、MBSEの考え方や実践の教育を実施します。

CSM導入・設定サービス

Cameo System Modelerのツール導入~設定~定着支援を実施します。
実設計開発業務に対する支援サービスも可能です。

サービスメニューについて

上記サービスメニューは一例です。目的、ツール、ユースケースなどにより最適な支援を検討できます。
まずはお気軽にご相談ください。

ディアイスクエアがお勧めするMBSE製品はこちら...