プロセス定義・定着、規格対応

人々が製品開発のプロセスを定義、共有、
および使用できるようにする

製品開発、システム&ソフトウェアエンジニアリングの世界はますます複雑になっています。
開発された製品は革新的である必要がありますが、安心安全、相互運用可能であり、すべての規制要件を同時に満たしながら信頼性が高い必要もあります。これらの目標を達成するためには、ワールドクラスのプロセスが必要です。
私たちの使命は、この複雑さを管理することです。

サービスメニュー

アセスメントサービス

アセッサーの資格者がお客様のプロセスをヒアリングし、規格対応、規格準拠のお手伝いをします。
全ての業務、プロセスのコンサルティングしていくのではなく、お客様のご要望にあわせて優先度やスケジュールを決め、規格対応・準拠の目標値を効率よく達成するお手伝いをします。

簡易アセスメントサービス

現行プロセスを規格に従った形にするために、プロセスの追加・変更を行います。
最少コスト、短時間での規格への準拠を目指します。
※全業務、全プロセスのコンサルティングは行わず、必要な業務、プロセスだけの規格準拠の準備を行うサービスです。

GAP分析サービス

現状のプロセスが、規格が求める要求をどの程度満たしているのか、また、何が満たされていないのかを明らかにします。
これによって、規格対応の方向性を見極めることが可能になります。

機能安全規格(ISO26262)対応サービス

ISO26262は、IEC61508を親規格とした機能安全規格で、自動車の電気電子プログラマブル系の安全性を保証することが狙いです。
2018年に第二版が発行され、四輪だけではなく、二輪・大型車も対象に入ってきました。
欧州においては法規化されているため、欧州で発売するOEMやそのサプライヤにおいては必須で対応する必要があります。

A-SPICE対応に向けた開発環境整備支援
(簡易アセスメントサービス)

  • A-SPICE適用に向けて開発環境を整備する予定だが、何が不足しているのか、何が必要なのかわからないお客様。
  • 顧客に活動の取組み状況を報告できるようにしたい、と考えているお客様。
  • 認証取得までは考えていないが、対応は進めたいお客様。

まずは簡易アセスメントから始めてみませんか?

アセッサーによるA-SPICE簡易アセスメントサービスを提供します。

A-SPICEの各基本プラクティスが達成できているか確認することができる、「チェック項目」を作成し、評価をチェックシートに記載します。
iNTACS認定 Automotive SPICEアセッサー ~Provisional~資格取得者が実施します。
※規格に則って評価を行いますが、評価基準は弊社独自のものとなります。

サービスメニューについて

上記サービスメニューは一例です。目的、ツール、ユースケースなどにより最適な支援を検討できます。
まずはお気軽にご相談ください。