PLM

製造業における豊富な実績をもとに
経営戦略と生産プロセスのあるべき姿を実現

経営資源を計画的に有効活用し、経営の効率化や競争力の強化を図る「ERP」。この分野において、当社は自動車メーカーや食品メーカーなどのお客様にコンサルティングから導入支援までの一貫したソリューションを提供しています。

導入にあたっては、ERPパッケージありき、といったシステム先行型のアプローチではなく、製造業における豊富な導入実務経験をもつコンサルタントが独自のテンプレートや調査票を活用し、お客様の経営戦略と生産プロセスの“あるべき姿”を描いていきます。そして、システム(ERP)の導入コンサルテーションとして、“成果を出す生産プロセス”、“後戻りしない仕組み”の実現をお手伝いします。

ソリューション一覧

  • 製造業コンサルティングサービス
  • 製造業務向けソリューション
  • 業務あんどん
製造ソリューションに関するお問い合わせ

製造業コンサルティングサービス

ディアイスクエアは豊富な実務実績をもとに、RFP作成支援からパッケージ導入後の保守まで一貫した、コンサルティングサービスを提供しています。

  • RFP作成支援
    貴社策定の経営戦略、施策を基にIT分野における企画化のお手伝いを行います。
    現状の課題、要件からどうITで実現するかのシステムへの要求、またその要求を満たす為のハードウェア条件、非機能要件、プロジェクトの計画等をまとめていきます。
  • ライトディスカバリー
    ERP導入の為の構想を行います。
    この構想により、ERPベースの業務モデル、アドオン開発候補、導入プロジェクト計画を明確化します。
  • インプリメンテーション
    ERPの導入サービスです。
    販売、購買、在庫、生産、会計分野のトレーニング、詳細なToBeモデルの作成、業務検証、開発、テスト、移行の作業を実施します。
  • AMS
    アプリケーションの保守支援、運用改善、教育等のサービスです。
ディアイスクエアのサービスマップ

製造業今サルティングサービス ディアイスクエアのサービスマップ

貴社の課題を解決するためのソリューション群

ERPを核とした業務系・システム運用系のソリューションを取りそろえております。

  • MINI-CRP、WORK SHOP
    ERPがどういうものかを体感する為のソリューション
  • QAD
    ERPを指しています。
  • 業務あんどん
    業務処理上のトラブル等の見える化を行うソリューション
  • BI Tool
    管理会計、各種実績分析を行う為のソリューション
  • Master Data Checker
    マスタの整合性や登録ミス等を洗い出すソリューション
  • IKKATSU-PON
    各種のマスタを連続的に一括登録するツール
  • ICT(業務ポカヨケ)
    QADに付属したツールで、マスタ登録やトランザクション登録時の入力規制、
    フィールド登録時のファイルの呼び出し、入力値
ディアイスクエアのソリューションマップ

製造業今サルティングサービス ディアイスクエアのソリューションマップ

ERP導入スパイラルアプローチ

製造業今サルティングサービス ERP導入スパイラルアプローチ

ERP導入ステップ

  • ERP導入のステップは、構想、パッケージトレーニング、現行業務ヒアリング、QAD業務モデリング、CRP、開発要件定義、開発、テスト、移行というステップで実施します。
  • 弊社独自のテンプレートを用いることにより、上記したステップを効果的且つ効率的に推進する事が可能です。
  • 業務機能関連図においては、生産管理、販売物流、会計管理の標準テンプレートや自動車部品など業界に即したテンプレートを約15種類用意しております。
    1. オリジナルトレーニングマテリ
    2. ヒアリングシート
    3. 要件抽出用シート
    4. 業務フロー
    5. 業務機能関連図
    6. CRPシナリオ
    7. 外部設計書
    8. 標準アドオン
    9. マスタ定義書
    10. システム環境定義書
    11. プロジェクト管理資料(計画書、WBS、課題管理等)

製造業今サルティングサービス ERP導入ステップ

CRP(Conference Room Pilot)

これはCRPにおける検討課題例です。 (仕掛品の評価をどうするか)
パッケージとは言っても要件に対しての実現方法は1つとは限りません。
どの方法が貴社に最適かは業務処理パターンを抽出し、各々に対して実際のパッケージにデータを入れて検証する必要があります。
QADでは、これをCRPと呼んでいます。
これにより、最適な方法を選択し、その上で効率化したい部分に対しアドオンを施します。

製造業今サルティングサービス CRP(Conference Room Pilot)

QADオリジナルトレーニングメニュー

当社ではQADによる業務処理をより理解いただくための「オリジナルトレーニングメニュー」を用意しております。概要、販売、在庫購買管理、生産計画、製造などの基本トレーニングに加え自動車部品向け、機械組立向けなどのトレーニング、またIT担当者向けにシステム管理、プログラミングトレーニングも用意しております。

製造業今サルティングサービス QADオリジナルトレーニングメニュー

製造業今サルティングサービス QADオリジナルトレーニングメニュー

製造業コンサルティングサービスに関するお問い合わせ

製造業務向けソリューション

ディアイスクエアは、ERPをベースにしたコンサルティングを実施してきた中からやはり「日常業務」の中にこそヒント(事実)があり、改善・改革のテーマがあると考えました。

そこで我々が掲げたテーマは「日常業務に入り込み、ソリューションを創造する」という事です。

ERPの導入では限られたプロジェクト期間・コストで更に核となる業務を回す事に注力するため、日常までは入り込めません。色々と考えた末、導入後の運用に目を向けることに注力しました。その運用上の課題・問題をウォッチする事で、日常業務効率化・導入後の安定化の為のソリューションを生み出す事が出来るのではと考えました。

  • ソリューションキーワード
    「見える化」「気づき」「刺激」「トリガー」「発見」
  • ソリューションコンセプト
    経営の礎となる業務プロセスのよどみない流れを創り込む

ソリューションマップ

製造業務向けソリューションマップ

DIS業務見える化Thinking

DIS業務見える化ThinkingERPの導入を行なっても、マスタデータ精度が悪い、登録時にミスが頻発している、トラブルが対処療法的なので何度も同じミスを繰り返す、会計データと業務データのズレが多いなどがあり、中々業務が効率化・標準化出来ないケースが多々あります。

業務効率化には「見える化」と「予防」が重要です。

そこでDISは、ERP導入経験から製造現場の考えは業務にも適用すべきと考え、「業務あんどん」、「業務みずすまし」、「マスタ5S」及び「業務ポカよけ」という考え方を研究しソリューション化しています。

製造業務向けソリューションに関するお問い合わせ

業務の見える化ソリューション「業務あんどん」

業務あんどんは、業務トラブルの見える化を実現するツールです。
トラブルの情報を迅速に通知することによって問題を事前に予防します。

  • 一番ストップする業務が見える
  • 対応ボタンを押した回数の多い業務が見える
  • 回数の多い業務を分析する事で原因が見える
  • 原因を掘り下げその予防策を講ずることが出来る
  • 改善サイクルの結果として業務全体の効率がUPする
  • 業務の課題が見えて来て、どういう仕組みを導入すべきかが分かって来る
  • 担当者のスキルが見えて来る。
    それによりどういう教育を施すべきかあるいは最適な配置が見えて来る
  • 担当者のToDoが自動的に作成される

業務あんどん概要

業務あんどん概要

製造現場における「あんどん」を業務に適用

業務あんどん ランプ表示業務あんどんは日常使用されるPCに設定し、ランプ型のアプリケーションになっている
ランプは業務処理毎に、また作業者がすぐにボタンを押せる様に設定されている。
業務アンドンは流れのある業務プロセスで異常を他者に知らせにくい状況・環境において、異常を他者に伝えることを目的としている。
問題のあるデータを後業務へ流す事を防ぐためであったり、業務が抱える問題の顕在化(見える化)のためであったりと様々な目的を有する。
ランプの構成は業務アンドンを導入する企業によって異なるが、通常赤、黄色、緑の3色から構成されている。

  • 青ランプ
    正常な業務が行われているときに点灯している。
  • 黄色ランプ
    何らかの処理異常(アプリケーションの異常、データの異常、処理の遅延など)が発生した場合、担当者がボタンを押して点灯させる。
    これにより異常が発生したことが責任者にも伝わり、部署もしくは課の課長、グループ長、前工程業務担当者らの職制がその場に駆けつけて問題に対処する。
    通常はランプの点灯だけでは他者に情報を伝える力が弱いため、黄色ランプの点灯とともに異常を伝えるアナウンスメールも同時に流される。
  • 赤色ランプ
    業務停止を必要とする事態である

「業務あんどん」のココがポイント!

  • メッセージ通知機能による担当者、責任者へのあんどんお知らせ
  • あんどん対応をクリックし状態回復(正常状態の青色へターン)
  • あんどんリストによる積み残しJOB(ToDoリスト)の確認
  • あんどんメールにより非接続ユーザーへのあんどんメッセージ通知
  • あんどんパネルによる業務トラブル状況の監視

「業務あんどん」はこんな方にオススメ!

  • 業務の中で何処に一番問題が起きているのか分からない
  • 標準業務フロー通りに流れる様に躾けたい
  • 業務改善プロジェクトへスムースに繋げたい

業務あんどんモデル

業務あんどんモデル

事例紹介1

導入企業
設立 1998年10月1日
資本金 1,000万円
従業員 1,350名
ビジネス 化粧品の製造、販売、輸出
取扱商品 スキンケア/ホディケア/ヘアケア/浴用化粧品等
導入効果
  • どこで問題が発生しているかがわかる(問題発生箇所の見える化)
  • どのような内容の問題が発生しているかがわかる(問題内容の見える化)
  • 前後の工程や全体の進捗を一目で把握することができる
  • 業務担当者のTodoリストが自動的に作成される(次の一手のトリガー)
  • 作業効率の改善
導入モデル

業務あんどん事例

新規立ち上げ業務使用例

業務あんどん事例 新規立ち上げ業務使用例

Integrated Customization Toolkit

Integrated Customization Toolkitは、QADとのコラボレーションツールです。
監査、入力規制などのセキュリティ面からのサポートまたマスタ項目追加、入力制限などのフィールドコントロールを実現します。

特長

  • ポイント1:ノンカスタマイズ
    QADに対してノン・カスタマイズのアドオンソフトQADに対してカスタマイズを減らす事により、バージョンアップ時の影響を少なくします。
  • ポイント2:入力規制・制御
    ・フィールドに対し入力制限を行う事で入力規制とデータの信頼性が向上
    ・入力する値を表示する事で効率の向上と入力ミスの軽減が可能
  • ポイント3:GUI、CUIどちらにも対応
    2つのUser I/Fに対し使用可能、将来的には、WEB Ver に対応予定

Integrated Customization Toolkit

こんな方にお勧め!!

  • 購買オーダ入荷登録時に必ず検収書番号を入力させたい
  • 計画外入庫の備考でストックと入力すると勘定をストックの勘定に自動的に置き換わって欲しい。
  • 品目マスタにもっと項目を追加したい。
  • 取引の停止した顧客の受注入力を止めたい
  • 勘定が自動設定されたら変更できないようにして欲しい。

一括ポン(QAD用データロードツール)

一括ポンは、QADへのマスタ登録サポートツールです。
エクセルで開発している為、ユーザーにとっては抵抗無く使用できます。

主要機能

  • マルチマスター対応
    Baseシートさえ変更すれば全てのマスタに対して使用可能
  • 別マスタ連続登録
    別のマスタでも連続してマスタを登録できます
  • 登録状況確認
    画面への登録状況を見ながら実行できます。何処で問題が発生したかがわかります

Integrated Customization Toolkit 主要機能

設定方法

一括ポンのエクセルシートに「設定」シートがあります。そのシートに貴社環境情報を登録してください。

Integrated Customization Toolkit 設定方法QAD UIモード
TEXT or GUI

アプリケーション名
データ送信先のアプリケーション名を指定します。アプリケーションウインドウのタイトルを指定して下さい。指定したタイトルを持つアプリケーションにデータが送信されます。

対話モード
対話モードを有効にする時YESを指定します。
対話モードの場合、1つのデータを送信するたび、以下のメッセージが表示されます。

Integrated Customization Toolkit 対話モード

MASTER CHECKER

Master Checker は、ERPで効率的に業務を行なう為に基本的に登録しておかねばならないデータの漏れ、ミスを抽出します。

  • マスタチェックのパラメーターをエクセルで変更可能
  • 基本チェック項目はDISの経験を元に60近くを用意
    ・税関係、原価関係、製造関係などのマスタ58種類を用意
    ・貴社運用に合わせて新規に追加用プログラムは5本まで無料

組み込みイメージ

Integrated Customization Toolkit 組み込みイメージ

チェック内容例

  • マイナス在庫を許す在庫ステータスのロケーションが存在する
    → マイナス在庫の発生を許すと、在庫管理に関連する問題の発見が困難になり、解決が遅れる
  • 課税が「N」になっているデータが製品グループマスターに存在する
    → アイテム追加登録時に当該アイテムの税フィールドのデフォルト値が「N」になり、誤登録の可能性が高まる。
  • 「製/購」フィールドがブランクのアイテムがアイテムマスターに存在する
    → MRPが正常に機能しない(L品のMPSやP品のPOが正しく生成されない)。
  • 製品グループが登録されていないアイテムがアイテムマスターに存在する
    → 財務諸表が正しく作成できない
  • 完成品(Lタイプ)でマスタースケジュールがNoになっているアイテムが存在する
    → MRP実行時に生産計画が作成されない
  • 購買品(P)、中間品(M)でマスタースケジュールがYesになっているアイテムが存在する
    → MRP実行時に生産計画が作成され、製品の生産計画データに混入してしまう。
  • アイテムマスターの「品目価格データ」フレームの税フィールドがYESになっていない
    → 税が正しく計算されない。またアドオン9.1.2.1 PO CIM が動かない
  • 在庫ステータスコードがロケーションのデフォルト在庫ステータスコードと異なる在庫が存在する
    → 不完全な在庫データが存在し、MRP誤計算などの重大な問題を引き起こす可能性がある
  • マイナス数量の在庫が存在する
    → 材料の発注数量や実地棚卸時、財務諸表に関連した重大な問題を引き起こす可能性がある

QAD トライアルセッション

トライアルセッションは、お客様の業務の何が課題か、ERPにどのように置き換えられるかを「試して選ぶ」ためにご用意したサービスメニューです。

こんな皆様にお勧め

  • スクラッチ開発を検討しているが、ERPというものも一度試してみたい。
  • ERPパッケージを選定していているがどの程度ERPが業務をカバーできるものなのか実際に試してみたい
  • すでにERPパッケージを導入済/導入中だが、実はあまりうまくいっていない。他のパッケージも見てみたい。

スタンダードコース

  1. QADトライアルセッション事前打合せ(1日)
    ・現行業務についての簡易的なヒアリング
    ・主な検証ポイントの確認/参加者の決定
  2. 簡易設計(1日)
    ・検証シナリオの作成(お客様)
    ・ヒアリング内容・シナリオに応じたパラメータ設定(コンサルタント)
  3. トライアル(3日)
    ・コンサルタントより操作方法/模擬フローの説明
    ・シナリオに沿った業務検証の実施
    ※トライアルに必要なPCはお客様にてご用意下さい。
業務あんどんに関するお問い合わせ