SimDesigner Enterprise

CATIA V5環境下で
MSC.Software社のSolverを使用した解析を可能に

SimDesigner Enterpriseは、Dassault Systems社のCADシステムであるCATIA V5環境下で、MSC.Software社のSolverを使用した解析を可能にする製品です。

特長

シミュレーションデータ管理機能を持つ
オールインワン MD CAD ワークベンチ環境

SimDesigner Enterprise ワークベンチ環境

  • SimDesigner Enterprise ワークベンチ環境CATIA V5環境から一度も離れることなく解析実行、結果評価が可能です
  • CAD形状変更が即座に解析モデルに反映されるなど、完全にCATIA V5と一体化されたジェネレーティブ環境を実現しています

 

設計・解析の効率化を達成
  • 共通のCADおよびCAEプラットフォーム
    ・CADプラットフォーム
    ・データ変換/障害を取り除く
  • 完全統合
    ・共通のGUI
    ・CATIAの主要機能を使った形状修正が可能
    ・完全にジェネレーティブ
  • 管理されたシミュレーション環境
  • 設計エンジニアが、設計の初期段階でより多くのシミュレーション検討を実行可能

SimDesigner Enterprise 設計・解析の効率化

プロセスの融合
統合化されたワークベンチ - 統合環境を提供

SimDesigner Enterprise 統合環境

機能

  1. SimDesigner Enterprise 機能ストラクチャワークベンチ(StructuresWorkbench)
    • MD NastranとMarcを搭載。
    • 線形/非線形解析などの機能を提供。
    • 線形静解析、固有モード解析、動解析を実行可能。
    • 一つの共通したインターフェースで、材料非線形、大変形、接触の非線形問題を検討可能。
  2. サーマルワークベンチ(ThermalWorkbench)
    • MD NastranとMarcを搭載。
    • サーマルワークベンチを使用して、伝熱検討を実行可能。
    • 定常伝熱解析や過度解析、および熱構造連成問題に対応する機能あり。
  3. クラッシュワークベンチ(CrashWorkbench)
    • クラッシュワークベンチを使用して、V5環境内で高非線形かつ時間依存問題を検討可能。
    • 実環境で起こりうる衝突と損傷の影響についてのシミュレーションが可能。
    • LS-DYNAへのゲートウェイ機能を提供。
    • 解析計算を行なうにはLS-DYNAが別途必要です。
  4. モーションワークベンチ(MotionWorkbench)
    • CATIAV5のキネマティクス(KIN)機能を拡大し、剛体および弾性体でマルチボディ・ダイナミクス・シミュレーションを簡単に実行可能。
    • Adamsを搭載しているモーションワークベンチは、構造解析検討のために使用できる荷重や力を生成。
  5. エンタープライズ・ゲートウェイ
    • 即実行可能なMD Nastran、Marc、LS-DYNAのソルバー入力ファイルをエクスポート。
    • ソルバーでの計算結果をSimDesignerへインポートして確認可能。

動作環境(SimDesignerR2の場合)

  • CATIA V5対応バージョン R17,R18
  • OS:
    Windows XP Professional SP2
    Windows XP Professional x64 Edition
    IBM AIX 5.3 ML03 または AIX 5.3 TL04-SP01
    (Windows2000 はCATIA V5R18 からは対応しておりません)
  • 前提CATIAモジュール
    ◎:必須 ○:推奨
モジュール名 略号 ストラクチャー サーマル クラッシュ モーション
ジェネレーティブ・パート・
ストラクチャル・アナリシス2
GPS
ジェネレーティブ・アセンブリー・
ストラクチャル・アナリシス2
GAS
ELFINIストラクチャル・アナリシス2 EST
FEMサーフェス2 FMS
FEMソリッド2 FMD
アセンブリー・デザイン2 ASD
キネマティクス KIN
DMUオプティマイザー2 DMO
DMUスペース・アナリシス2 SPA
DMUエンジニアリング・
アナリシス・レビュー
ANR
SimDesigner Enterpriseに関するお問い合わせ