ENOVIA

製品ライフサイクルで生成される製品データの管理と情報の有効活用を実現するSOAアーキテクチャ

製品開発期間の短縮、コストの削減、品質の向上、規格遵守の促進、製品イノベーションと市場即応力の最大化を図ることは企業の使命です。

ENOVIAソリューションは、製品ライフサイクルを通して、製品に関するナレッジとビジネス・プロセスを柔軟に統合し、チーム、部門、サイト間だけでなく、顧客、サプライヤー、その他のバリュー・チェーン・パートナーとの間で、セキュアな製品データ管理を提供し、コラボレーションによるメリットを増大させることでこの使命を達成させることが可能となります。

特徴

  • サプライ・チェーンにおけるコラボレーション設計により、迅速な変更管理が可能
  • プロジェクト・データと製品データの管理を一つの環境に統合することが可能
  • マルチCADデータ管理が可能(CATIA、Inventer、AutoCAD、SolidWorks、SolidEdge等)
  • 3DLiveとの連携により、BOM構成の可視化と意思決定の促進が可能
  • 設計から部品表の自動生成機能により、設計BOMの生成が容易
  • ビジネス・プロセスの各段階で製品の環境コンプライアンスを検証することが可能

活用イメージ

ENOVIA 活用イメージ

各機能

コラボレーション設計

複数の設計者・関連部門間で、同一製品構成を協調して設計することができます。

ENOVIA コラボレーション設計

プロジェクト管理

MS ProjectとENOVIAのシームレスなデータ連携によって、設計進捗状況に合わせた全プロジェクトの成果物が把握でき、また、過去の問題点・リスクが明確になり、新プロジェクト計画の経営判断が容易となります。

ENOVIA プロジェクト管理

マルチCAD

機械CAD、電気CADなど製造業で必要なCADが一つのデータベースの中で管理できるので、お互いの取り合いなどで同時並行で作業できるので効率がよくなる。

ENOVIA マルチCAD

BOM構成の可視化

3DLiveと組み合わせることで、BOM構成が可視化できるので、設計レビューが容易となり、他部署間とのチャットやスナップショットなどで情報共有することができます。

ENOVIA BOM生成

BOM生成

“BOM作成機能”を利用して、設計モデルからE-BOMを自動生成することができるので、BOM設計の負荷が軽減されます。生成後は、Editerを利用して編集することが可能です。

ENOVIA BOM生成

環境コンプライアンス

ENOVIA V6のE-BOM内に環境コンプライアンスに関するデータを登録しておくことで、設計時に環境負荷のチェックが可能となり、設計品質を向上させることができます。

ENOVIA 環境コンプライアンス

メーカーホームページ

ダッソーシステムズ ENOVIA

ロゴをクリックいただくと、ダッソー・システムズ株式会社ホームページにリンクしています。

ENOVIAの製品構成、製品価格、その他環境設定などについて

お気軽にお問い合わせください。

株式会社ディアイスクエア e-セールス推進部
TEL:06-6577-2550
FAX:06-6577-2566
E-Mail:plm-info@di-square.co.jp

※3DSWYM、3DVIA、CATIA、DELMIA、ENOVIA、EXALEAD、GEOVIA、NETVIBES、SIMULIA、SOLIDWORKSは、ダッソー・システムズ(DassaultSystemes)もしくはダッソー・システムズの子会社の米国およびその他の国における登録商標です。その他すべての会社名・製品名・サービスネームは、それぞれ各社の商標またはサービスマークです。
ENOVIAに関するお問い合わせ